北方幼稚園の沿革と教育方針

沿革と教育方針の詳細をお読みください

学校法人宝珠学園の「北方幼稚園」は、昭和45年(1970年)3月に学校法人立として認可。令和3年(2021年)4月より、幼保連携型認定こども園としてスタートいたしました。

幼保連携型認定こども園「北方幼稚園」の教育方針

向上する幼稚園にご注目ください

学校法人宝珠学園が管理運営する「北方幼稚園」は、学校教育法に基づいて設立・認可された幼稚園です。「義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」(同法22条に記されています)場所であり、法人の設立から50年以上の歴史があります。良い環境と良い教諭を配して、より良い教育の研究により、向上を続けている幼稚園でもあります。

大切なことを集団生活で教えていきます

お子様が入園されたら、まず集団生活の大切さを教えます。場所、行動、時間などが規制されて、いくつものルールがあります。お子様には、少しずつ、無理なく、楽しく、集団生活に慣れてもらいます。自分で考えて行動する姿を見守りながら、困っている子に寄り添う優しい心、泣いている子に話しかける思いやりの心を育んでいきます。

園外保育で新しいことに挑戦します

安全と安心に十分に配慮して、園外保育も行います。環境の変化を用意して、常に新しい挑戦に取り組みます。大自然に出かけたり、動きやすい服装でアスレチックにも出かけます。生物や植物と直に触れ合うことや、体力の増強、困難の克服による達成感を味わうことは、本当に必要な経験です。ご自宅に戻ってから、お子様の経験した内容をぜひ聞いてあげてください。

幼稚園からでも始めたい英語教育

英語に対する理解を深めることで、早い時期から国際化に触れていきます。ゲームや歌、身体表現など、楽しく、分かりやすく英語を学びます。

読むことから覚えていく漢字教育

年少の頃より、総合絵本に加え漢字仮名混じりの絵本を読んでいます。担任に続いて声を出して絵本を一緒に読むことで、言葉の発達はずいぶん促されます。毎日たくさん声を出して絵本を読み、3年間で日本のお話し、外国のお話し、いろいろなお話しを楽しみます。

水泳教室で、面つけバタ足泳ぎを習得

お子様は、夏空の下での水遊びが大好きなものです。カワイ体育教室の講師を招いて、夏季に水泳教室を開いています。年中児と年長児の2年間で、ほとんどのお子様が面つけバタ足泳ぎができるようになります。水を嫌うお子様には、小川あそびを通して水に慣れ、水遊びやどろんこ遊びを楽しみ、徐々にプールに導きます。夏の間、毎日プールに入り、親切丁寧に指導していきます。もちろん、未然に事故を防ぐためにも水の怖さもしっかりと教えていきます。また、シーズンオフには、温水プールを利用して水泳を楽しみます。